トップ > 確定申告 > サラリーマンの確定申告

サラリーマンの確定申告

一般的に、サラリーマンは確定申告をしなくてもいいと思いがちですが、次の条件に街頭する人は、サラリーマンであっても、確定申告をする必要があります。
前年1月1日から12月31日までの年収が2000万円を超える人、給与所得及び退職金などの所得以外にも20万円以上の所得(必要経費を引いた金額)のある人、給与を2ヶ所以上の事業所からもらっている人、源泉徴収がされていない人で所得金額が103万円を越える人は、確定申告をする必要があります。
年末に会社から交付される源泉徴収票は、大切に保管するようにしましょう。
年末調整で控除するのを忘れた所得控除がある場合には、給与所得者の還付申告書を提出すれば控除を受けられます。源泉徴収票は、年間の所得を証明する大切な書類です。
事業所から交付される源泉徴収票は、家を買ったり借入をする場合などに提出を求められることがありますので、大切に保管しましょう。万が一、紛失した場合は、すみやかに会社に再発行してもらうようにします。
年の途中で退職して、別の会社に再就職したときは、前の会社の源泉徴収票を現在の会社に提出して、2社の給料を合算して年末調整をします。
したがって、前の会社の源泉徴収票がないと、新しい会社での年末調整が出来ません。その場合は、自分で確定申告をする必要があります。年末を迎える前に、前の会社の源泉徴収票を取り寄せておくようにしましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
確定申告

前の記事 | 次の記事

関連記事