トップ > 確定申告 > 確定申告が必要な人

確定申告が必要な人

確定申告をする必要があるのは、どのような人でしょうか。
前年の1月1日から12月31日までの給与が2,000万円を超える人は、確定申告をする必要があります。
2ヶ所以上の事業所から給与を受けている人で、給与の収入金額と給与、退職所得以外の所得合計が20万円を超える人は、確定申告をする必要があります。ただし、給与収入から年末調整で控除出来る基礎控除以外の所得控除額を差し引いた残額が150万円以下であること、かつ給与と退職所得以外の所得合計が20万円以下の人は確定申告をする必要はありません。1ヶ所の事業所から給与を受けていて、給与、退職所得以外の所得合計が20万円を超える人は、確定申告をする必要があります。
また、退職金をもらった人は、確定申告をする必要があります。
一般的には、退職の際に、会社に対して「退職所得の受給に関する申告書」を提出して所得税の精算が行われているはずなので確定申告は不要ですが、退職時に提出していない場合には、退職金について支払額の20%の税率で源泉徴収が行われるので、確定申告をして精算する必要があります。
なお、退職金で所得税を引かれて、かつ、退職金以外の所得で定率減税が限度額に達していない人は、確定申告をすることによって税金が還付されます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
確定申告

前の記事 | 次の記事

関連記事