トップ > リンク > 申告納税額の計算

申告納税額の計算

確定申告をするのに、よく「青色申告」という言葉を聞きます。わかりやすく説明すると、
収入、または売上から仕入・経費を引いて所得を出すという方法が白色申告で、青色申告とは、収入または売上から仕入と経費を引いて、さらに10万円・65万円の控除を引いて所得を出すという方法です。青色申告には、いろいろな特典があります。個人事業主や不動産収入のある人には、かなり有利になると言ってよいでしょう。
青色申告をするにはその年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。青色申告は、必要経費など細かく帳簿に記載しなければならないと重いが智ですが、実は白色申告をする場合でも、所得の内容などによっては記帳が義務づけられることがあります。その業種によってはその事業管理のために、経費帳や売掛帳が必要になります。同じ帳簿をつけるなら、「青色申告承認申請書」を提出して、いろいろな特典を受けたほうが得です。「65万円控除」については、平成17年度より適用され、事業所得者と事業的規模の不動産所得者が、期限内に申告をして損益計算書とあわせて、賃借対照表を提出して、帳簿書類に日々の取引を記録すると受けることが出来ます。損益計算書や貸借対照表の作成については、商業簿記の知識が必要になります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
リンク

前の記事 | 次の記事

関連記事