トップ > 退職金と税金 > 高齢者を扶養にしている方が受けられる特例

高齢者を扶養にしている方が受けられる特例

高齢者を扶養している人が受けられる特例があります、
配偶者控除や扶養控除については、その対象となる親族が70歳以上の場合には、通常より多い控除が所得金額より差し引かれます。
配偶者控除については、通常の場合は33万円ですが、38万円が所得金額から差し引かれます。また、扶養控除については、通常の場合は33万円ですが、38万円が所得金額から差し引かれます。納税者やその配偶者の父母や祖父母と同居しているときの扶養控除は、38万円にさらに7万円を加算して、45万円が所得金額から差し引かれます。
確定申告の期間中に申告をします。
高齢者を扶養していて、不要されている高齢者が要介護者であれば、介護保険料は所得控除になります。介護保険料は確定申告または、市・県民税申告のときに、「社会保険料等控除」として申告することができます。
配偶者控除や扶養控除の対象となる人は、納税者と生計をともにしていて、その年の所得金額が38万円以下の親族です。その年の収入が公的年金や恩給だけという65歳以上の人は、その収入金額が 178万円以下であれば、公的年金等控除額の 140万円を差し引いた雑所得の金額が38万円以下になるので、その高齢者の方と生計をともにしている納税者は、配偶者控除や扶養控除の適用が受けられます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
退職金と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事