トップ > 退職金と税金 > 年金等に係る雑所得の計算方法

年金等に係る雑所得の計算方法

公的年金等にかかわる雑所得の金額については、公的年金等控除額が、年金を受け取る人の年齢によって定められています。公的年金等の収入金額の合計額に割合を乗じて、控除額を控除した残額が、公的年金等にかかわる雑所得の金額となります。
公的年金を受け取る人の年齢が65歳未満の人の場合で、公的年金等の収入金額の合計額が700,000円までの場合には、所得金額はゼロとなります。収入総額が700,001円から1,299,999円までのばあいは、割合は100%で 700,000円の控除額になります。公的年金の収入総額が1,300,000円から4,099,999円までの場合は割合が75%で 375,000円の控除額です。
公的年金の収入総額が4,100,000円から7,699,999円までの場合は、割合が85%で、控除額は785,000円となります。7,700,000円以上では、割合が95%で控除額が1,555,000円となります。なお、65歳以上の場合、公的年金等の収入金額の合計額が1,200,000円までの場合は、所得金額はゼロとなります。以下については、65歳未満の人と同様です。
以上については、「公的年金等に係る雑所得の速算表」として、平成17年度以後に適用されています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
退職金と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事