トップ > 退職金と税金 > 退職金と源泉徴収と確定申告

退職金と源泉徴収と確定申告

会社から退職金を受け取った場合は、退職の際に会社に「退職所得の受給に関する申告書」という書類を提出していれば、確定申告をする必要はありません。
ただし、退職所得の源泉徴収票の源泉徴収税額の欄に金額が記載されているときには、確定申告をした方がよい場合があります。「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない場合は、確定申告をすることによって、精算をします。
また、退職所得を受けるに際して、「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかったために、20%の税率で源泉徴収された場合は、確定申告をする必要があります。
その年の所の得総額や、退職後に支払った国民年金の保険料、または国民健康の保険料などの社会保険料、その他生命保険料や損害保険料控除などの額によっては、確定申告をすることで、退職金から源泉徴収された所得税が還付される可能性があります。
国税庁によると、実際に退職金を受け取った場合に確定申告する人は、統計的にはきわめて少ないそうですが、「退職金に関する税金は、退職した時点で清算が終わる」という思い込みもあるかもしれません。しかし、所得控除が多い人は、退職金の確定申告をしたほうがよい場合も考えられますので、詳細は、最寄りの国税庁に問い合わせるとよいでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
退職金と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事