トップ > 退職金と税金 > 退職金にかかる税金

退職金にかかる税金

退職金にかかる前金については、退職金の所得税は、その年の退職金の収入金額から、その人の勤続年数に応じて算出した退職所得控除額を差し引いた残りの2分の1の金額について課税されます。課税対象は、「退職金-退職所得控除額の半分の金額」となります。
退職金については、会社で所得税が源泉徴収されるため、原則として、退職金についての確定申告をする必要はありません。退職金は、給与や賞与とは別の所得と分離して所得税を計算します。退職所得控除額の計算方法は、勤続年数が20年以下の人と、20年を超える人とでは、計算方法が違います。
退職金の支給を受けた会社での勤続年数を計算します。1年に満たない端数は、1年に切り上げます。
勤続年数が20年以下の場合には、「退職所得控除額=勤続年数×40万円」(80万円未満の場合は80万円)です。勤続年数が20年を超える場合には、「退職所得控除額=(勤続年数-20年)×70万円+800万円)となります。
なお、障害者になったことが直接の原因で、退職した場合の退職所得控除額は、上記の方法により計算した額に100万円を加えた金額になります。
また、これまでに退職金をもらったことがある場合や、2ヶ所以上から退職金をもらうときには、控除額の計算方法が異なることがあります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
退職金と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事