トップ > 夫婦と税金(パートと税金) > 配偶者からの相続と税額軽減(配偶者控除)

配偶者からの相続と税額軽減(配偶者控除)

配偶者からの相続と税額増減の配偶者控除については、配偶者が遺産分割や遺贈によって、実際に受け取った遺産額が1億6000万円を超えていたとしても、正味の遺産額(配偶者が取得する正味の遺産額のうち、隠ぺいや仮装に係る部分は除きます。)の法定相続分に応ずる金額までであった場合において、または、正味の遺産額に配偶者の法定相続分(子供がいる場合には2分の1)を掛けた金額であれば、配偶者に相続税がかかることはありません。
この制度は、財産の維持形成に対しての、配偶者の内助の功や、配偶者の今後の生活の保障などを考慮したものとされています。
このような場合において、配偶者控除を受けるための手続きには、相続税の申告書に、税額軽減(配偶者控除)の適用を受ける旨を記載します。そして、証明するための書類として戸籍謄本、遺産分割協議書の写し、または遺言書の写し、相続人全員の印鑑証明書(ただし遺産分割協議書に押印したもの)などの書類を添付することが必要になります。
なお、配偶者からの相続以外でのその他の税額軽減については、未成年者控除、障害者控除、相次相続控除、贈与税税額控除、および相続時精算課税制度に係る贈与税額の控除があります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
夫婦と税金(パートと税金)

前の記事 | 次の記事

関連記事