トップ > 夫婦と税金(パートと税金) > 配偶者への贈与と配偶者控除

配偶者への贈与と配偶者控除

配偶者への贈与と配偶者控除に関しては、婚姻期間20年以上の夫婦間でマイホームなどを贈与する場合に、基礎控除110万円のほかに、最高2,000万円までの配偶者控除を受けることが出来ます。その場合、贈与財産が国内にある「居住用の土地や家屋」であることや、その取得資金の贈与についても含まれます。
また、贈与を受けた年の翌年の3月15日までに実際に居住していることと、その後も居住する見込みであることなどが配偶者控除を受けるための条件になります。
その場合、贈与税の申告をする必要があります。
なお、この配偶者控除については、同じ配偶者間において、一生に一度しか受けることが出来ません。なお、婚姻期間については、婚姻届を提出した年月日から20年以上ということになります。
配偶者への贈与と配偶種控除を受けるための手続きについては、贈与税の申告書に配偶者控除の適用を受ける旨を記載します。そして次にあげる書類が必要になります。受贈者の戸籍謄本又は抄本、受贈者の戸籍の附票の写し、居住用不動産の登記事項証明書、受贈者の住民票の写しの書類を添えて、最寄りの国税庁に提出します。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
夫婦と税金(パートと税金)

前の記事 | 次の記事

関連記事