トップ > 夫婦と税金(パートと税金) > 配偶者にパート収入がある場合

配偶者にパート収入がある場合

配偶者 (妻) にパート収入がある場合に、夫の所得について、配偶者控除及び配偶者特別控除の適用を受けることが出来るでしょうか? 
また、 配偶者自身に税金がかかるでしょうか? 
妻(または夫)にパート収入以外の収入はなく、扶養している家族がいない場合には、収入が100万円を超えると市町村民税が課税されます。また、夫の配偶者控除は、妻の収入が103万円以下の時に受けることが出来ます。配偶者特別控除は、103万円超で141万円未満の場合に受けることができます。市民税には、個人にかかる個人市(県)民税と会社などの法人にかかる法人市民税があります。個人市(県)民税には、広く均等に負担する均等割と、その人の所得に応じて負担する所得割の2つがあります。また、法人市民税も同様に、均等割と法人税割があります。個人県民税は、納税者の便宜などを図るために、個人市民税とあわせて徴収されて、県に支払います。
配偶者のパート収入は、通常、「給与所得」として計上されます。
平成19年度分の市民税 については、配偶者の給与所得金額が非課税限度額であれば課税されません。
配偶者の収入金額が103万円であれば、配偶者について配偶者控除の適用を受けることが出来ます。しかし、配偶者特別控除については、控除の対象範囲から外れた場合、配偶者特別控除の適用を受けることはできません。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
夫婦と税金(パートと税金)

前の記事 | 次の記事

関連記事