トップ > 夫婦と税金(パートと税金) > パート収入に対する税

パート収入に対する税

パートの税金の計算の方法については、一般の正社員の場合と、とくに変わる点はありません。パートの税金の算出方法は下記の通りです。
パートの税金=(年間の給与収入-給与所得控除-基礎控除-その他控除)×税率となります。年間の給与収入は、毎年、1月1日から12月31日までが課税される対象期間です。交通費 (通勤手当) が支給されている場合には、その金額は、所得税において収入とはならず非課税扱いになります。
パートの給与の総収入額に対して税金がかかるのではなく、ある項目について、給与収入から差引くことが認められています。これを「控除」といいます。
パートの税金を計算するときの控除には、給与所得控除・基礎控除・その他の控除などがあります。
給与所得控除は、給与収入によって、その控除額が変わってきます。最低でも、65万円を控除して、給与総収入から差引くことが出来ます。
基礎控除は、パートなどの給与収入について、誰にでも適用される控除です。金額は、一律38万円です。基礎控除を受けるには、勤務先に「扶養控除申告書」という書類を提出しておく必要があります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
夫婦と税金(パートと税金)

前の記事 | 次の記事

関連記事