トップ > 給与所得と税金 > 確定申告をすると所得税が還付される場合

確定申告をすると所得税が還付される場合

確定申告することによって、「所得税の還付」が受けられるというケースがあります。昨年中に、転職のために会社を退職したあと、年末までに再就職せず、勤務先で年末調整を受けていなかった人は、所得税の還付が受けられます。
会社の倒産やリストラで失業して、すぐに雇用保険から失業保険をもらえたという場合には、雇用保険の給付そのものは所得税の対象にはなりません。失業期間中は、収入がなかったものとみなされて、それ以前に勤務先から支払いを受けた給与や賞与に課税された所得税について、還付を受けることが出来ます。確定申告で還付される場合、「還付申告」とも呼ばれています。
所得税の還付申告は義務ではありませんが、会社に勤めながら、勤務先から支払われる給与とは別に年間20万円を超える副収入があった場合には、確定申告することが義務づけられています。
確定申告をすることによって、今まで納めすぎていた税金が戻ってくることが、還付申告として、税金が戻ってくる仕組みになっています。
還付申告について、不明な点があれば、最寄の国税庁に問い合わせておくとよいでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
給与所得と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事