トップ > 給与所得と税金 > 年末調整

年末調整

年末調整とは、一般的に会社がサラリーマンに給与や賞与を支払う際に、所得税を差し引いて支払っています。この所得税は、一定の仮定の基で計算されているのでその年 (1月1日から12月31日まで) を経過したときに精算をする必要があります。これを年末調整と言います。その期間の間に、転職をした場合には、1年間に2箇所の職場から給料をいただいていたので、前の職場での給与分を合わせて年末調整をしてもらう必要があります。
その場合に失業保険が支給されていた場合には、とくに年末調整について考慮する必要はありません。また、年末調整が出来なかった場合には、個人でかくて酢申告を行う必要があります。
なお、年末調整をしたあとになって、その年の12月31日までに扶養家族が増加、または減少した場合には、会社に再度年末調整をしていただくように連絡をするか、もしくは個人で確定申告を行います。
2ヶ所以上から給与の支給を受けている人、給与が2,000万円を超える人、その年の中途で退社した人については、年末調整をする必要はありません。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
給与所得と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事