トップ > 消費税のしくみ > 消費税の課税される取引と非課税取引

消費税の課税される取引と非課税取引

「非課税取引」とは、取引の性格上、消費税を課税するのが好ましくない取引や、政策的な見解から、消費税を課税しないこととしている取引のことを、非課税取引といいます。
本来は、消費税を課すべき対象となる取引について、あえて課税をしないとしているものです。非課税取引は法律で限定されています。非課税取引の対象になるものは、土地の譲渡、貸付けなど、ただし、 貸付期間が1か月未満であることや、駐車場などの施設の貸付けは課税対象となります。有価証券や支払手段の譲渡などは非課税取引の対象です。ただし、収集品である紙幣、コインやゴルフ会員権は課税対象になります。
利子、保証料、保険料などは、非課税取引です。ただし、保険代理店の受け取る代理店手数料などは課税対象になります。
郵便切手、印紙などの譲渡について、購入した切手は使用して、郵便サービスを受けた時点で課税仕入れとなります。
商品券、プリペイドカード、物品切手などの譲渡については、商品券、ビール券、図書券などは、非課税取引の対象になります。
住民票、印鑑証明など行政手数料など、法令に基づいて行われる国や、地方公共団体の手数料、国際郵便為替、外国為替なども非課税取引の対象になります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
消費税のしくみ

前の記事 | 次の記事

関連記事