トップ > 記帳や記録保存・青色申告 > 青色申告の記帳や帳簿などの保存の必要性

青色申告の記帳や帳簿などの保存の必要性

一般的に確定申告をするべき人の中で、白色申告と青色申告に分けられます。一般的には、青色申告は、帳簿をきちんと記入して、必要経費や損益計算書や貸借対照表など作成する必要があります。基本的に、事業所得、不動産所得、山林所得がある人と考えればよいでしょう。
白色申告とは、青色申告を申し込んでいない人の税金の申告方法のことです。
さて、白色申告では、青色申告のように帳簿の記入についてはどうでしょうか? 
基本的に必要経費などを記帳しなければならないという義務は生じませんが、事業としての所得が300万円を超える場合には、記帳の義務が発生します。また、年間所得が300万円以下なら帳簿はつけなくてもよいかというと、実際の業務上として、帳簿をつけないで必要経費の実態がつかめないので、やはりなんらかの記録を残しておく必要があります。記帳はしておいたほうがよいでしょう。所得が300万円を超えて帳簿をつける義務が生じるのであれば、青色申告に切り替えたほうがいいでしょう。そのような場合には、事業主の判断によって、決めることが出来ます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
記帳や記録保存・青色申告

前の記事 | 次の記事

関連記事