トップ > マイホームを持ったとき > 住宅借入金等特別控除

住宅借入金等特別控除

住宅借入金等特別控除、および特定増改築等住宅借入金等特別控除のことを「住宅借入金等特別控除等」と言います。住宅借入金等特別控除等とは、住宅を購入する際に、住宅ローンなどを利用して、住宅を新築や購入、または増改築をして、一定の要件に当てはまるときには、その新築や購入、または増改築などのための借入金など (住宅の取得、ともにするその住宅の敷地の用に供される土地などの取得のために必要とされる借入金などもこれ含みます) の年末残高の合計額をもとにして、計算した金額を、その住宅を居住した年以後に、各年分の所得税額から控除するというものです。
控除期間ついては、居住した年によっても変わります。
原則として下記のとおりになります。
居住した年が平成11年1月1日から平成13年6月30日までであれば、控除期間は15年間になります。平成13年7月1日から平成18年12月31日までの間であれば、控除期間は10年間となります。
なお、平成19年1月1日から平成20年12月31日までの場合は、10年間、または15年間の選択制となります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
マイホームを持ったとき

前の記事 | 次の記事

関連記事