トップ > 利子や配当と税金 > 預貯金等の利子等に対する税金

預貯金等の利子等に対する税金

預貯金などの利子に対する税金は、原則として、20%の源泉分離課税となります。
預貯金の利子に対しては、利子所得として一律に税率20%で、そのうち所得税が15%、住民税5%で課税されています。これは、源泉分離課税方式にしたがって、金融機関によって天引きされるので、特に確定申告をする必要はありませんが、大切な預貯金の利息にもしっかりと課税されていることを知っておくことは大切ですね。
利子所得となる預貯金の利子は、次のとおりです。
利子所得には、さまざまなものがあります。金融機関に対する各種預貯金の利子、郵便貯金の利子、勤務先預金の利子、国債・地方債の利子、社債の利子、公社債投資信託の収益分配金、財形貯蓄の利子や収益分配金、保険差益などは、利子所得に区分されます。利子所得から、所得税と住民税を差し引いたものが、手取りの金額となります。
源泉分離課税は、確定申告が不要とされる課税システムで、利子の支払の際に銀行などの金融機関が、所定の税率で税額を源泉徴収して、国へ納めるので、利子を受け取る者としては一切の納税手続が不要です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
利子や配当と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事