トップ > 株式と税金 > 上場株式等の譲渡損失の繰越控除

上場株式等の譲渡損失の繰越控除

「上場株式等の譲渡損失の繰越控除」とは、上場株式・店頭株式・上場不動産投資信託の取引に係る売却損を、損失が生じた翌年以降の3年間に渡って、上場株式等にかかわる譲渡所得の金額から控除できるという制度のことです。
この制度は、平成15年1月1日に導入された新しい制度です。
具体的に例をあげてみましょう。
ある投資家が、平成16年1月1日から年末までの間に、さまざまな上場株式、店頭株式、上場不動産投資信託を売買して、1年間で1,000万円の損が出たと仮定します。
さらに、同様に上場株式などの売買を続けた結果、翌年の17年には200万円の利益、そして平成18年に300万円の利益、平成19年に700万円の利益が出たものとします。この場合に、各年の「上場株式等に係る譲渡所得の金額」は、平成16年は売却損が1,000万円、譲渡所得はゼロで、損失1,000万円を翌年に繰越します。平成17年は、売却益200万円と損失1,000万円を相殺して、譲渡所得はゼロ、損失800万円を翌年に繰越します。平成18年には、売却益300万円と損失800万円を相殺して、譲渡所得はゼロ、損失500万円 (損失額-売却益) を翌年に繰越します。平成19年には、売却益700万円と損失500万円を相殺して、譲渡所得は200万円となります。このように、平成16年に生じた売却損を、平成17年、18年、19年と翌年以降3年間にわたって持ち越しが出来るので、その3年間は納税額が少なくなる(ゼロになる場合もあります)というメリットがあります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
株式と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事