トップ > 災害にあったとき > 災害時の納税の猶予・申告などの期限の延長

災害時の納税の猶予・申告などの期限の延長

地震などの災害によって、申告や納付などを、決められた期限までに出来ないときは、所轄税務署長に申請して、承認を受けることによって、2ヶ月以内の範囲で、その期限が延長されます。
また、地震などの災害によって、財産に相当な損失を受けたとき、国税を納付することが困難である場合には、所轄税務署長に申請して、承認を受けると、原則として1年以内の範囲で納税の猶予を受けることができます。
災害に遭遇して、確定申告や税金の納付の期限を延長する場合は、最寄の国税庁に問い合わせましょう。災害を受けたときの所得税の軽減免除、災害や盗難などで資産に損害を受けたとき (雑損控除) 、災害減免法による所得税の軽減免除、申告・納期限の延長などについては、国税庁のホームページにも掲載されています。
災害はいつどんなときにやってくるかわかりません。
災害は忘れた頃にやってくるもの、決して来てほしくない災害ですが、日本は、もともと地震が多い国土であり、近年は、全国各地で頻繁に大きな地震が起こっています。もしものときのために、このような制度についても、知っておくとよいでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
災害にあったとき

前の記事 | 次の記事

関連記事