トップ > 保険と税金 > 保険の配当金を受け取ったとき

保険の配当金を受け取ったとき

生命保険や個人年金保険の保険料を支払ったときには、「生命保険料控除」として、火災保険等の損害保険の保険料を支払ったときには「損害保険料控除」として、所得税や住民税を計算するとき所得金額から控除されることを知っている人は多いことでしょう。
それでは、保険金や配当金を受け取った時には、どうすればいいでしょうか。生命保険などは、当然、毎月支払ってはいても、配当金を受け取るという機会のほうがごくまれなことで、いざ配当金などを受け取ったときに、戸惑ってしまう人も多いかもしれませんね。
保険の配当金を受け取ったとき、または、自分で自分にかけていた保険が満期になって
保険金を受け取った場合には、所得があったとみなされます。その所得は、「一時所得」として区分されます。当然、所得税がかかってきます。
しかし、同じ金額をもらったとしても、その受取人が本人ではなく、妻など、他人にかわってしまうと、贈与税として分類されます。
生命保険金を受け取ったときには、受け取った理由が死亡、満期かなど、誰が保険料を支払っているかによって、課税方法がまったく違ってきます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
保険と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事