トップ > 保険と税金 > 損害保険の控除

損害保険の控除

損害保険とは、損害保険会社が取り扱っている保険商品の総称です。一般的には、損保と呼ばれています。
風水害などの自然災害や、自動車の衝突事故など、偶然の事故により生じた損害を補償するためのもので、保険会社が予想する損害率に応じて支払う損害保険料が定められています。損害保険には、自動車保険や火災保険などのノンマリン分野と、貨物保険や船舶保険などのマリン分野とに分類されています。
2007年1月より、地震保険料控除が新設されました。それにともなって、火災保険・傷害保険などに対する損害保険控除が廃止されました。
2007年 (平成19年) 分以後の所得税、地方税については、2008年度 (平成20年度) 分以後の 個人住民税について、適用されることになりました。火災保険・傷害保険等に対する損害保険料控除は、2006年(平成18年)12月末で廃止となりました。
地震保険料控除の控除額は、所得税については、50,000円までの保険料は全額控除で、最高50,000円までとなります。住民税については、50,000円までの保険料の1/2で、最高25,000円までとなります。また、地震保険と長期損害保険の両方がある場合には、地震保険の控除額と損害保険の控除額の合計額、ただし上限は所得税は50,000円まで、住民税は25,000円までが控除出来ます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
保険と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事