トップ > 医療費を支払った時 > 医療費控除

医療費控除

医療費控除とは、1年間の医療費が一定額を超える場合に適用できる控除のことを言います。
その一定額とは、10万円で、年間所得が200万円以下の人はこのラインが下がります。
1年間にかかった医療費が10万円を超える場合に、その超える部分が医療費控除の対象となります。医療費控除は、社会保険料控除と同じように、支払った人の所得から控除できるものです。医療を受けた人だけに限らず、生計を同一にしている(その場合、現在扶養家族となっていなくてもよい)配偶者マタハ親族が医療費を支払うようになれば、その人が医療費控除を受けることが出来ます。
医療費は、所得の多い人が全員の分を負担して、これを医療費控除として確定申告をすることによって、もっとも還付額が多くなります。
医療費控除をして税金(還付金)が戻りますが、実際のところ、医療費控除の確定申告する方はまだまだ少なく、その理由として、めんどうなことと、医療費として支払ったものが医療費控除の対象になるかという判断が難しいところにあるようです。
医療費控除の対象となるものは、入院・通院時の交通費、入院時の必要な食事代、不妊治療・人工授精、出産費用(ただし、出産育児一時金がある場合にはその差額のみが対象となります)、海外旅行先で支払った医療費、虫歯の治療などが認められます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
医療費を支払った時

前の記事 | 次の記事

関連記事