トップ > 障害者を扶養している家族が受けられる特例 > 障害者を雇用している事業者の特例

障害者を雇用している事業者の特例

障害者の雇用を促進するための会社のことを「特例子会社」と言います。もちろん、一般の会社と同じように、営利を追求し、株式会社や有限会社などがあります。
特例子会社には、知的障害者を中心として会社もあります。
特例子会社というシステムが確立された時点、当初は、このような会社を作ること自体が、障害者たちに対して差別行為になるのではという声も上がりましたが、現在では、特例子会社の重要性が認識され、企業のイメージアップにもなりました。
特例子会社では、新規に職員を採用する際に、最低5人は障害者を採用しなければいけないという決まりになっています。
特例子会社を設立して、認定を受けるのには、一般の会社を設立するときよりも、申請手続きが少々複雑になります。障害者にとっては、特例子会社で働くということは、仲間意識も出来て、精神的にも経済的にも安定できることでしょう。
障害者を雇用するにあたって、税制上の特例としては、青色申告をしている個人事業者や法人で、総従業員数のうち、一定以上の人数の障害者を雇用しているときは、機械装置や工場用の建物などの減価償却費について、割増償却などが認められています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
障害者を扶養している家族が受けられる特例

前の記事 | 次の記事

関連記事