トップ > 障害者と税金 > 心身障害者扶養共済制度に基づく納付金の非課税

心身障害者扶養共済制度に基づく納付金の非課税

心身障害者、またはその扶養義務者は、勤務先や国税庁に申告すると、障害者控除が受けることが出来て、税金が軽減されます。
対象となるのは、常に精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く人(特別障害者として認定されています)、「愛の手帳」を所持している人(1・2度は特別障害者と認定されています)、精神障害者保健福祉手帳を所持している人(1級は特別障害者と認定されています)、身体障害者手帳所持している人(1・2級は特別障害者と認定されています)、戦傷病者手帳を所持している人(特別項症~第3項症は特別障害者と認定されています) 、原爆被爆者で厚生労働大臣の認定を受けている人(特別障害者と認定されています)、病床について複雑な介護を受けている人(特別障害者と認定されています)、精神・身体に障害がある65歳以上で、上記に準じるものとして市町村長等の認定を受けている人などです。
控除額については、「障害者控除」は、本人または控除対象配偶者、扶養親族が障害者である場合、27万円、特別障害者控除は40万円となります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
障害者と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事