トップ > 障害者と税金 > 特別障害者に対する贈与税の非課税

特別障害者に対する贈与税の非課税

近年では、急速に進歩を遂げる社会の中で、交通事故や労働災害、病気などの事由によって、ハンディキャップを背負った特別障害者、もしくは重度心身障害者が、全国的に増えてきています。特別障害者、または重度心身障害者の経済的、精神的な安定を図るために、税制上の優遇措として、「特別障害者 (重度心身障害者) に対する贈与税の非課税制度」があります。特別障害者の親族や篤志家などが、金銭、有価証券、その他の財産を信託銀行に信託したときには、6,000万円までを限度として贈与税が非課税になります。
この措置によって、特別障害者は、贈与税の心配をすることなく、その親族や篤志家などから生前贈与を安心して受けることが出来ます。一般の生前贈与の非課税限度額は、年間60万円とされています。
委託者は、特別障害者の方の親族または篤志家など、特定の個人に限られています。なお、法人からの贈与に関しては、税法上では一時所得扱いとなるので、この制度とは無関係となります。
信託財産は、金銭、国債、社債、上場株式などを含む有価証券、預金・貯金などの金銭債権となります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
障害者と税金

前の記事 | 次の記事

関連記事