トップ > 副業の確定申告 > FXと脱税について

FXと脱税について

最近では、FX(外国為替保証金取引)をしている人に、脱税をいる人が多いそうです。
では、脱税をする人が多い理由はいったい何なのでしょうか。
それは、FXが手持ち資金を証拠金として用意することによって、数倍から数十倍になって大きな金額の取引が出来るということに起因するのではないかと考えられています。場合によっては、大きな利益が出ることもあるでしょうが、大きな損失を出す可能性もあり、損益両方に作用します。
利益が大きく出ると、それなりに税金もかかりますが、それを申告せずに支払わない人が多く、時にはとてつもない利益が生じると、それによって金銭感覚が鈍ってしまいます。
FXの税金には、スワップ・ポジションによる金利と、為替差益により売買利益が発生しますが、利益が発生すると、納税義務が発生します。
税金を納税するためには、毎年前年の1年分の収入に対して確定申告を行います。FXによる利益も申告いる義務が生じます。
サラリーマンは、本業の所得以外に20万円を超える所得があれば、確定申告して税金を納税しなければいけません。
FXの場合は、取引会社のWebサービスを利用して行われることが多いようです。実際に一般の銀行からお金の入出金ではなく、電子決済になる場合がほとんどで、インターネットの画面上で数字が増えたり減ったりするというようなマネーゲームのような錯覚に陥る人もいます。これによって、普通の金銭感覚が保てなくなることもあるので、要注意です。(616)

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
副業の確定申告

前の記事 | 次の記事

関連記事