トップ > 財産を相続したとき > 相続税の計算

相続税の計算

財産の相続は、身内がある日突然死亡したことからはじまります。通夜や葬儀、法事などに追われる中で、相続税の計算や申告については、なかなか思うように事が運ばないのが常のようです。しかし、申告期限までの間にしておかなければことは、意外にもたくさんのことがあります。残された家族たちが協力し合いながら、申告手続きが円滑に、スムーズに進むように、ふだん日頃から税金のことに関心を持つ姿勢が望ましいですね。
さて、相続税の計算についてですが、その前に、被相続人の死亡による相続が発生したら、10ヶ月以内に申告をしなければなりません。亡くなってから1週間以内には、相続人の確認と、遺産、債務を把握しておきましょう。亡くなってから3ヶ月以内には、親族で話し合い、相続放棄等の検討をして、相続を放棄する場合には、家庭裁判所に申述する必要があります。亡くなってから4ヶ月以内には、準確定申告として、死亡した人の個人所得税の申告をする必要があります。そして、亡くなってから10ヶ月以内には、財産のリストアップと評価、遺産分割協議書の作成、相続税申告書の作成、納税資金の確保についてまとめておかなければなりません。
相続、または遺言によって財産を取得した人は、遺産の評価額が相続税の基礎控除額を超える場合において、相続税の申告が必要です。
遺産が基礎控除以下の場合、相続税を申告する必要はありません。相続税の基礎控除額の計算式は「5千万円+1千万円×法定相続人の数」です。法定相続人が3人なら、基礎控除額は8千万円となります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
財産を相続したとき

前の記事 | 次の記事

関連記事