トップ > 財産を相続したとき > 財産を相続した時の税金

財産を相続した時の税金

財産を相続した時にかかる税金のことを相続税と言います。財産を相続するということは、家族や親族が死亡してことによって、財産を承継した場合や、遺言によって財産を譲り受けた場合に、支払うべき税金が生じます。
死亡した人のことを被相続人と呼び、財産を相続して、承継した人のことを相続人と言います。
相続の手続きとして重要なことは、相続税がかかる財産について、よく把握しておくことです。
相続税の対象となる財産は大きく、本来の相続財産、生前の贈与財産、みなし相続財産の3つに分類されます。
本来の相続財産とは、相続人による遺産分割の対象となる財産です。
生前の贈与財産とは、相続によって、財産を取得した人が、相続の開始日から3年以内に取得した被相続人からの贈与財産、および相続時精算課税の適用を受けた財産のことを言います。みなし相続財産は、本来は、被相続人の財産ではなく、相続税の計算上として、これを相続財産とみなして、本来の相続財産に上乗せする財産のことを言います。みなし財産には、死亡保険金、死亡退職金などがあります。
相続財産には、土地・建物、借地権・貸宅地、現金・預貯金・有価証券、生命保険金・退職手当金・生命保険契約に関する権利などがあります。
また、マイナスの財産として、借入金・買掛金、未払の所得税・固定資産税・住民税等の公租公課、保証金などがあります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
財産を相続したとき

前の記事 | 次の記事

関連記事