トップ > 土地や建物を売ったとき > 譲渡益や譲渡損失がある場合の特例

譲渡益や譲渡損失がある場合の特例

譲渡益や譲渡損失がある場合の特例についてご説明しましょう。
マイホームを売って、譲渡益がある場合は、特別控除などについて特例があります。
また、譲渡損失がある場合は、損益通算や繰越控除が出来るという特例があります。
自分が住んでいる家や敷地を売った時や、以前に住んでいた家や敷地に住まなくなってから、3年後の12月31日までに売った時など、一定の要件を満たす場合において、次のような特例の適用を受けることが出来ます。
損益通算の特例の適用を受ける場合には、マイホームの譲渡損失の金額に関する明細書など、国税庁より規定された書類を添付して、確定申告書とともに国税庁に提出する必要があります。
繰越控除の特例の適用を受ける場合には、確定申告書を申告期限日までに提出します。そして、それ以後の年についても、連続して確定申告書を提出する必要があります。
繰越控除の特例の適用を受ける年分に、控除を受ける金額の明細書など、国税庁の規定によって、特例に応じた一定の書類を添付した確定申告書を国税庁に提出する必要があります。
詳細は、国税庁に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
土地や建物を売ったとき

前の記事 | 次の記事

関連記事