トップ > 土地や建物を売ったとき > 土地や建物の譲渡所得に対する税金

土地や建物の譲渡所得に対する税金

土地や建物を売買すると、税金がかかります。
土地や建物は大変高価格なものなので、それにともなって、税金の額も当然大きくなります。土地や建物に関する税金の種類も多く、税制についても、なかなか理解しにくいようです。
しかし、さまざまな特例によって、税金が安くなることもあり、または戻ってくることもあります。土地や建物を売買するときには、税金のことをよく理解しておく必要がありますね。
譲渡所得とは、資産の譲渡による所得のことを言います。土地や建物は、譲渡所得となります。
課税譲渡所得を計算する方法は、次の計算式によって算出します。
「譲渡価額-(取得費 + 譲渡費用)-特別控除(一定の場合)=課税譲渡所得」
税法上では、土地・住宅政策として、さまざまな特例が設けられています。特例を受けることによって、一般の場合よりも税金が安くなることもあれば、また、土地や建物を売った場合にも税金がかからないということもあります。節税を心がけるなら、土地や建物を売買する前には、特例が受けられるかどうかを調べておくとよいでしょう。(452)

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
土地や建物を売ったとき

前の記事 | 次の記事

関連記事