トップ > マイホームを持ったとき > マイホーム購入時に係る税金

マイホーム購入時に係る税金

マイホームを購入するにあたって、さまざまな税金が係ってきます。
これからマイホームを購入する予定のある人は、税金のことをよく理解しておくことも大変重要なことです。おもなものとして、購入時には次のような税金がかかってきます。
住宅を取得したときにかかる「不動産取得税」、不動産契約をするときにかかる「印紙税」
住宅を登記するときにかかる「登録免許税」、住宅を所有すると毎年支払う「固定資産税」などがあります。また、一定の条件を満たせば、以下のような税金が安くなる優遇措置もあります。
不動産取得税は、有償・無償または登記の有無を問わず、土地や家屋などの不動産を取得した場合に、一度だけ課されるものです。土地や家屋の売買、交換、贈与、新築・増築・改築などにより取得した人にかかる税金です。固定資産税は、保有している固定資産について課税される地方税のことです。
土地や家、マンションなどを売買したときに、自分の権利を明らかにするために、所有権の保存登記・移転登記の手続きなどをします。または、銀行などの金融機関からお金を借りる場合も、抵当権・根抵当権の設定登記をします。この登記をする際に、登録免許税という税金がかかります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
マイホームを持ったとき

前の記事 | 次の記事

関連記事