トップ > e-Tax(国税電子申告・納税システム) > e-taxの取組

e-taxの取組

e-taxについては、所得税の確定申告書を提出する際に、本人の電子署名、および電子証明書を合わせて送信した場合に、所得税額から5,000円(その年分の所得税額を限度とするものとします)を控除(ただし、平成19年分又は平成20年分のいずれか1回のみとなります)することが出来ます。これを「電子証明書等特別控除」と言います。
また、e-tax(電子申告) における第三者作成書類の添付省略について、平成19年分以後の所得税の電子申告では、医療費の領収書や給与所得の源泉徴収票などのような一定の第三者による作成書類の添付を省略することが出来ます。
e-taxの取組については、まだこのシステムが開始されてから日が浅く、全国的にも知名度が低く、浸透されているまでに至っていないのが現状です。国税庁からも納税者に向けて、さらにe-taxについての積極的なアピールを展開するという取組みが必要かと思われます。
e-taxを利用にあたり、メリットがたくさんあります。国税庁に行く時間や、郵送するのにかかっていた送料などもかからず、自宅や職場のパソコンがあれば手間がかかりません。
特に源泉所得税の毎月納付や、消費税の中間申告や納付などのような回数の多い手続きには、パソコンがあれば申告・納税が出来るので、大変便利です。
また、多忙な人には、国税庁が閉まっていても、受付システムの利用時間内で、時間を気にすることなく申告・納税が可能です。(606)

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
e-Tax(国税電子申告・納税システム)

前の記事 | 次の記事

関連記事