トップ > e-Tax(国税電子申告・納税システム) > e-taxの特徴

e-taxの特徴

税金に関する申告や納税などに関する手続については、確定申告などの書類の提出が義務付けられています。
e-taxとは、国税に関する各種の手続きについて、インターネットを通じて、手続きが行えるシステムです。従来の書面による申告書を国税庁の窓口に提出したり、郵送などの送付による提出方法に加えて、申告書を電子データの形式で、インターネットを通じて送信することによって国税庁に提出するという選択肢を利用者に提供するものです。
e-taxの受付時間は、平日の午前9時から午後6時となっています。
また、金融機関のインターネットバンキングやATM(ATMについては、「ペイジー」という税金・各種料金の払込みのマークが表示されています)を利用して、納税手続をすることも可能です。 
インターネットを通じて行うこのような手続きをするにあたって、問題となるのが、個人情報の保護です。ネット上で情報が漏洩されることがないように、万全のセキュリティが求められます。そのセキュリティー対策として、国税庁の受付システムへ接続する場合、利用者識別番号と暗証番号に加えて、さらに公的認証局の電子証明書が必要とされています。(492(

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
e-Tax(国税電子申告・納税システム)

前の記事 | 次の記事

関連記事