トップ > 財産を相続したとき

財産を相続したとき

<スポンサードリンク>

財産を相続したとき一覧

財産を相続した時の税金

財産を相続した時にかかる税金のことを相続税と言います。財産を相続するということは、家族や親族が死亡してことによって、財産を承継した場合や、遺言によって財産を譲り受けた場合に、支払うべき税金が生じます。 死亡した人のことを被相続人と呼び、財産を相続して、承継した人のことを相続人と言います。 相続の手続

財産を相続した時の税金の続きを読む>

相続税の計算

財産の相続は、身内がある日突然死亡したことからはじまります。通夜や葬儀、法事などに追われる中で、相続税の計算や申告については、なかなか思うように事が運ばないのが常のようです。しかし、申告期限までの間にしておかなければことは、意外にもたくさんのことがあります。残された家族たちが協力し合いながら、申告手

相続税の計算の続きを読む>

相続した宅地や建物の評価方法

宅地を相続した場合については、路線価方式、または倍率方式を使って計算します。路線価方式とは、路線(道路)に面している標準的な宅地の1㎡当たりの価額(路線価)を基準にして計算をする方式のことを言います。倍率方式とは、路線価が定められていない地域で、利用します。固定資産税評価額に一定の倍率をかけて計算し

相続した宅地や建物の評価方法の続きを読む>