トップ > 財産をもらったとき

財産をもらったとき

<スポンサードリンク>

財産をもらったとき一覧

財産をもらった時の税金

個人から財産をもらったときにかかる税金のことを、贈与税と言います。 もうひとつ、相続税も同様で、個人から財産をもらったときにかかる税金ですが、相続税は、個人が死亡したときに課税される税金で、贈与税は、個人の生前に課税される税金のことです。そのため、贈与税は、相続税の補完税とも言われています。相続税に

財産をもらった時の税金の続きを読む>

暦年課税

贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあります。 それでは、暦年課税制度についてご説明しましょう。 財産をもらう人が、その年の1月1日から12月31日までの間、1年間にもらった財産の合計額から、基礎控除額として110万円を控除した額に対して、贈与税がかかります。財産をもらう

暦年課税の続きを読む>

相続時精算課税

平成15年1月1日より、「相続時精算課税」という制度が新たに創設されました。この制度が確立されたことによって、消費を拡大するために、親から消費をする子の世代への贈与がスムーズに出来るようにという目的で成立されました。 わかりやすく説明すると、生前に贈与をした場合には、贈与税は軽減しますが、その代わり

相続時精算課税の続きを読む>

特定同族株式等の贈与の特例

平成19年度に税制改正が行われたところによると、「特定同族株式等の贈与の特例」について、平成19年1月1日から平成20年12月31日までの1年間に、20歳以上である子供が、60歳以上65歳未満の親から「特定同族株式等」の贈与(ただし、その特定同族株式等の贈与価額の合計額が500万円以上となる場合の贈

特定同族株式等の贈与の特例の続きを読む>

住宅取得等資金の贈与の特例

平成15年度に税制改正されたところによると、親子間での生前の贈与による資産移転を促進することを目的とされたもので、「相続時精算課税制度」が創設されました。 従来の暦年贈与においても、住宅取得等資金の贈与の特例がありましたが、すでにその特例は廃止されています。 父母、または祖父母から、自己の居住用の住

住宅取得等資金の贈与の特例の続きを読む>