トップ > 土地や建物を売ったとき

土地や建物を売ったとき

<スポンサードリンク>

土地や建物を売ったとき一覧

土地や建物の譲渡所得に対する税金

土地や建物を売買すると、税金がかかります。 土地や建物は大変高価格なものなので、それにともなって、税金の額も当然大きくなります。土地や建物に関する税金の種類も多く、税制についても、なかなか理解しにくいようです。 しかし、さまざまな特例によって、税金が安くなることもあり、または戻ってくることもあります

土地や建物の譲渡所得に対する税金の続きを読む>

譲渡所得金額の計算

譲渡所得とは、所得税における課税所得の区分の一つで、資産の譲渡 ( 建物または構築物の所有を目的とする地上権、または賃借権の設定その他の契約によって、他人に土地を長期間使用させる行為として、政令で定めたものもこれに含みます。)による所得のことを言います。これは、所得税法33条によって定められたもので

譲渡所得金額の計算の続きを読む>

譲渡所得金額の税額の計算

不動産を売却したことによって生じた所得のことを、譲渡所得と言います。譲渡所得については、他の所得と分離して、所得税と住民税が課税されています。譲渡所得がマイナスの場合は、課税されません。 一般的に、所得税は、給与所得や不動産所得などに関する各種の所得金額を合計して、総所得金額を求めて税額を計算する総

譲渡所得金額の税額の計算の続きを読む>

譲渡益や譲渡損失がある場合の特例

譲渡益や譲渡損失がある場合の特例についてご説明しましょう。 マイホームを売って、譲渡益がある場合は、特別控除などについて特例があります。 また、譲渡損失がある場合は、損益通算や繰越控除が出来るという特例があります。 自分が住んでいる家や敷地を売った時や、以前に住んでいた家や敷地に住まなくなってか

譲渡益や譲渡損失がある場合の特例の続きを読む>

マイホームを売って譲渡益がある場合

譲渡所得がプラスであることを譲渡益、マイナスであることを譲渡損失と言います。 マイホームを売って、譲渡益がある場合には、3,000万円の特別控除の特例があります。 長期譲渡所得、または短期譲渡所得のどちらかに該当する場合でも、一定のものについては、課税譲渡所得の金額を計算するのに、最高3,000万

マイホームを売って譲渡益がある場合の続きを読む>

マイホームを売って譲渡損失が生じた場合

マイホームを売って、譲渡損失が生じた場合には、売った年の1月1日現在で、所有期間が5年を超える場合には、下記の特例よって、その譲渡損失の金額を、その年の他の所得と損益通算することが出来ます。 なお、その年で通算することが出来なかった譲渡損失の金額がある場合には、その年の翌年以後3年内の各年分(ただ

マイホームを売って譲渡損失が生じた場合の続きを読む>

特例の適用条件と手続き

多重債務を抱えた人が、支払不能で破産状態に陥る前に、経済的に再建をはかるための裁判手続きをすることを、個人再生手続きと言います。裁判手続きによって、債務額を減額した上で、手続きによって決められた金額を、原則として3年間で分割して返済していくことになります。 個人民事再生は、さまざまな手続き方法があ

特例の適用条件と手続きの続きを読む>