トップ > 利子や配当と税金

利子や配当と税金

<スポンサードリンク>

利子や配当と税金一覧

預貯金等の利子等に対する税金

預貯金などの利子に対する税金は、原則として、20%の源泉分離課税となります。 預貯金の利子に対しては、利子所得として一律に税率20%で、そのうち所得税が15%、住民税5%で課税されています。これは、源泉分離課税方式にしたがって、金融機関によって天引きされるので、特に確定申告をする必要はありませんが

預貯金等の利子等に対する税金の続きを読む>

株式等の配当等に対する税金

確定申告は、本当に難しいですね。税金に関する決まりは奥が深く、かといって知らないと損をすることもあります。 所得税は所得を10区分して、それぞれごとに課税対象額を計算します。他の所得と合計して課税対象額を計算するものを「総合課税」、他の所得とは切り離して計算するのを「分離課税」といいます。 また、そ

株式等の配当等に対する税金の続きを読む>

金融類似商品の収益に対する税金

金融類似商品の収益は、一律20%(所得税15%、地方税5%)の税率が定められており、源泉分離課税が適用されています。 源泉分離課税の対象となる金融類似商品の収益について該当するものは、下記の6つのものです。信用金庫などの定期積金の給付補てん金、銀行法第2条第4項による契約に基づく給付補てん金、一定の

金融類似商品の収益に対する税金の続きを読む>

割引債の償還差益に対する税金

利付債(りつきさい)とは、あらかじめ決められている利払い日に、償還日までの間に、利子の支払いがある債券のことを言います。このような利付債は、確定利付債と変動利付債に分類されます。 利付債の償還差益については、雑所得として総合課税の対象になり、国債等の利付公社債、新株予約権付社債等の償還差益は、償還を

割引債の償還差益に対する税金の続きを読む>