トップ > 災害にあったとき

災害にあったとき

<スポンサードリンク>

災害にあったとき一覧

確定申告における所得税の全部又は一部の軽減

確定申告をするにあたって、所得税の全部、または一部が軽減される場合があります。 年末調整の時期となり、その年が明ければ2月から確定申告の受付が始まります。 災害に遭ったときに、所得税の全部、または一部軽減されるという措置が出来ます。税金の支払いが安くなる制度には、2つあります。災害減免法による所得税

確定申告における所得税の全部又は一部の軽減の続きを読む>

災害時の予定納税の減額・源泉徴収の徴収猶予など

災害に遭遇した場合、災害減免法に基づいて、減免される金額は、所得によって区分されています。 所得が500万円以下の場合には、所得税は全額免除されます。500万円を超えて750万円以下の場合、2分の1となります。所得が750万円を超えて、1000万円以下である場合には、4分の1となります。 災害減免法

災害時の予定納税の減額・源泉徴収の徴収猶予などの続きを読む>

災害時の納税の猶予・申告などの期限の延長

地震などの災害によって、申告や納付などを、決められた期限までに出来ないときは、所轄税務署長に申請して、承認を受けることによって、2ヶ月以内の範囲で、その期限が延長されます。 また、地震などの災害によって、財産に相当な損失を受けたとき、国税を納付することが困難である場合には、所轄税務署長に申請して、承

災害時の納税の猶予・申告などの期限の延長の続きを読む>