トップ > 寄付金を支払ったとき

寄付金を支払ったとき

<スポンサードリンク>

寄付金を支払ったとき一覧

個人が支払った寄付金の控除

税法上では、寄付行為を奨励するという観点に基づいて、寄付金に対して税金を一部免除するという特例を設けています。 だからといって、寄付金であればなんでもいいということではありません。寄付金控除の対象となる特定寄付金について、限定されています。寄付金控除の対象となるものは、国や地方公共団体に対する寄付金

個人が支払った寄付金の控除の続きを読む>

寄付金の控除を受けるための手続き

寄付金控除は、扶養控除などと同様に、その年の所得金額から控除することによって、税金が減免されます。 控除額は、下記のいずれか低いほうの金額から1万円を差し引いた金額となります。 その年に支払った特定寄付金の合計額、もしくは、その年の総所得金額等の25%相当額です。1万円以下の寄付金に対しては、寄付金

寄付金の控除を受けるための手続きの続きを読む>

特定寄付金とは?

特定寄付金とは、国、または地方公共団体に対する寄付金のことを言います。 この場合、学校の入学に関してするものなどは特定寄付金ではありません。 民法の規定によって設立された、公益を目的とする事業を行う法人、または団体に対する寄付金で、広く一般に募集されて、公益性及び緊急性が高いものとして、大蔵大臣

特定寄付金とは?の続きを読む>

法人が支払った寄付金の損金算入

法人が、寄付をするということに対しての寄付金税制があります。 損金算入とは、法人税計算上の課税所得を計算するために、会計上の利益に対して行われる調整法の一つです。会計上費用として、計上されていないときに、税務上損金として計上するものを言います。 法人が支払った際に、寄付金が損金算入されるケースは大き

法人が支払った寄付金の損金算入の続きを読む>