トップ > 障害者を扶養している家族が受けられる特例

障害者を扶養している家族が受けられる特例

<スポンサードリンク>

障害者を扶養している家族が受けられる特例一覧

特別障害者と同居している場合の配偶者控除及び扶養控除

特別障害者とは、6か月以上にわたって、身体の障害などによって寝たきりの状態である人、または複雑な介護を必要としている人などのことを言います。 通常であれば長期間にわたって、家族が自宅で介護するのは大変困難ということから、税法上では、同居特別障害者控除という措置をとろことが出来ます。 この場合、問題点

特別障害者と同居している場合の配偶者控除及び扶養控除の続きを読む>

障害者を雇用している事業者の特例

障害者の雇用を促進するための会社のことを「特例子会社」と言います。もちろん、一般の会社と同じように、営利を追求し、株式会社や有限会社などがあります。 特例子会社には、知的障害者を中心として会社もあります。 特例子会社というシステムが確立された時点、当初は、このような会社を作ること自体が、障害者たちに

障害者を雇用している事業者の特例の続きを読む>