トップ > 障害者と税金

障害者と税金

<スポンサードリンク>

障害者と税金一覧

障害者本人が受けられる特例

障害者とは、身体障害者手帳に「身体障害者」として記載されている人で、障害の程度が1級、または2級と記載されている人は「特別障害者」となります。また、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人で、障害等級が1級と記載されている人は特別障害者とみなされます。そのような障害のある人は、障害者控除やさまざま

障害者本人が受けられる特例の続きを読む>

所得税の障害者控除

所得税の障害者控除については、障害者本人、控除対象配偶者、扶養親族が障害者には27万円、特別障害者控除は40万円、同居しており、特別障害者を扶養している人は、扶養控除額に35万円加算された額となります。 特別障害者は、障害者手帳に1・2級と認定された人のことです。身体障害者手帳に3級から6級までの軽

所得税の障害者控除の続きを読む>

相続税の障害者控除

障害児、または障害者が財産を相続する場合 (ただし、法定相続人に限ります) には、 一般障害者の場合、精神保健指定医等の判定により知的障害とされた人、または精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人、身体障害者手帳の交付を受けている人、戦傷病者手帳の交付を受けている人、または、常に就床を要し、複雑な

相続税の障害者控除の続きを読む>

特別障害者に対する贈与税の非課税

近年では、急速に進歩を遂げる社会の中で、交通事故や労働災害、病気などの事由によって、ハンディキャップを背負った特別障害者、もしくは重度心身障害者が、全国的に増えてきています。特別障害者、または重度心身障害者の経済的、精神的な安定を図るために、税制上の優遇措として、「特別障害者 (重度心身障害者) に

特別障害者に対する贈与税の非課税の続きを読む>

心身障害者扶養共済制度に基づく納付金の非課税

心身障害者、またはその扶養義務者は、勤務先や国税庁に申告すると、障害者控除が受けることが出来て、税金が軽減されます。 対象となるのは、常に精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く人(特別障害者として認定されています)、「愛の手帳」を所持している人(1・2度は特別障害者と認定されています)、精神障

心身障害者扶養共済制度に基づく納付金の非課税の続きを読む>