トップ > 退職金と税金

退職金と税金

<スポンサードリンク>

退職金と税金一覧

退職金にかかる税金

退職金にかかる前金については、退職金の所得税は、その年の退職金の収入金額から、その人の勤続年数に応じて算出した退職所得控除額を差し引いた残りの2分の1の金額について課税されます。課税対象は、「退職金-退職所得控除額の半分の金額」となります。 退職金については、会社で所得税が源泉徴収されるため、原則と

退職金にかかる税金の続きを読む>

退職金と源泉徴収と確定申告

会社から退職金を受け取った場合は、退職の際に会社に「退職所得の受給に関する申告書」という書類を提出していれば、確定申告をする必要はありません。 ただし、退職所得の源泉徴収票の源泉徴収税額の欄に金額が記載されているときには、確定申告をした方がよい場合があります。「退職所得の受給に関する申告書」を提出し

退職金と源泉徴収と確定申告の続きを読む>

高齢者と税(年金と税)

高齢者の税金については、収入が公的年金などのみの場合において、国民年金、厚生年金、共済年金、軍人恩給、各種年金基金などの公的年金の収入のある方は、収入から所得を算出します。次に算出した雑所得から所得控除額を差し引いて、残った金額に税率をかけて住民税の所得割額を計算します。計算方法については、昭和17

高齢者と税(年金と税)の続きを読む>

年金収入の所得計算・所得控除の増額

近年、公的年金の所得の計算方法が、65歳以上の人に適用されていた部分が一部変更がありました。65歳未満の人については、特に変更された箇所はありません。 基本的に65歳未満の人の公的年金の計算方法については、下記の通りです。 公的年金等の収入金額130万円未満のとき、年金収入-700,000円、公的年

年金収入の所得計算・所得控除の増額の続きを読む>

高齢者本人が受けられる特例

市・府民税、所得税では、高齢者の場合、次にあげるような特例があります。 配偶者控除と扶養控除については、配偶者控除、扶養控除の対象となる配偶者、扶養親族が70歳以上、ただし平成19年分の場合では、昭和13年1月1日以前に生まれた人であれば、通常の控除額よりも控除額が多くなります。 高齢者の税金優遇

高齢者本人が受けられる特例の続きを読む>

高齢者の源泉徴収と確定申告

高齢者に関する税法上の取り扱いとして、所得税には、預貯金・公社債の利子などは、「利子所得」とみなされます。その支払いの際には、20%の税率(所得税15%、住民税5%)で源泉徴収されます。 確定申告については、おもに要介護1から要介護5までの高齢者には、「障害者控除」が適用できます。近年では、「定率減

高齢者の源泉徴収と確定申告の続きを読む>

年金等に係る雑所得の計算方法

公的年金等にかかわる雑所得の金額については、公的年金等控除額が、年金を受け取る人の年齢によって定められています。公的年金等の収入金額の合計額に割合を乗じて、控除額を控除した残額が、公的年金等にかかわる雑所得の金額となります。 公的年金を受け取る人の年齢が65歳未満の人の場合で、公的年金等の収入金額の

年金等に係る雑所得の計算方法の続きを読む>

高齢者を扶養にしている方が受けられる特例

高齢者を扶養している人が受けられる特例があります、 配偶者控除や扶養控除については、その対象となる親族が70歳以上の場合には、通常より多い控除が所得金額より差し引かれます。 配偶者控除については、通常の場合は33万円ですが、38万円が所得金額から差し引かれます。また、扶養控除については、通常の場合は

高齢者を扶養にしている方が受けられる特例の続きを読む>