トップ > 給与所得と税金

給与所得と税金

<スポンサードリンク>

給与所得と税金一覧

月々の源泉徴収

月々の源泉徴収については、一般のサラリーマンの場合、毎月のお給料や定期的に支給される賞与などから、所得税が徴収されています。源泉徴収税の額は、「給与所得者の源泉徴収税額表」に、給与などの金額や扶養している家族の人数などを考慮しながら、段階的に定められています。所得税の早見表によって、おおよその税額が

月々の源泉徴収の続きを読む>

年末調整

年末調整とは、一般的に会社がサラリーマンに給与や賞与を支払う際に、所得税を差し引いて支払っています。この所得税は、一定の仮定の基で計算されているのでその年 (1月1日から12月31日まで) を経過したときに精算をする必要があります。これを年末調整と言います。その期間の間に、転職をした場合には、1年間

年末調整の続きを読む>

確定申告をしなければならない方

確定申告をしなければならない人は、一般人の場合だと、その年 (1月1日から同年12月31日までの間) に利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得又は雑所得のある人は、これらの所得金額の合計額が、基礎控除や扶養控除など所得控除額の合計額を超えるときは、

確定申告をしなければならない方の続きを読む>

確定申告をすると所得税が還付される場合

確定申告することによって、「所得税の還付」が受けられるというケースがあります。昨年中に、転職のために会社を退職したあと、年末までに再就職せず、勤務先で年末調整を受けていなかった人は、所得税の還付が受けられます。 会社の倒産やリストラで失業して、すぐに雇用保険から失業保険をもらえたという場合には、雇用

確定申告をすると所得税が還付される場合の続きを読む>

給与所得と所得税のしくみ

給与所得と所得税のしくみについて、ご説明しましょう。 まず、最初に所得税を計算するためには、収入の総合計を出す必要があります。サラリーマンの場合は、給与と賞与の収入の合計を算出します。 本業とは別に副業をしていて、2か所以上からの収入がある場合には、これらすべてを合計します。 給与所得の金額の計算は

給与所得と所得税のしくみの続きを読む>