トップ > 消費税のしくみ

消費税のしくみ

<スポンサードリンク>

消費税のしくみ一覧

消費税の負担者と納税者

私たちが品物を購入する時には、商品の代金とともに消費税を支払っています。消費税の納税義務者は、各取引段階の事業者(法人・個人事業主)となります。そして、実際に消費税を負担しているのが私たち消費者となっています。 消費税の納税義務者と負担者について、たとえば、製造業者から卸売業者に商品が渡る段階では、

消費税の負担者と納税者の続きを読む>

消費税の課税される取引と非課税取引

「非課税取引」とは、取引の性格上、消費税を課税するのが好ましくない取引や、政策的な見解から、消費税を課税しないこととしている取引のことを、非課税取引といいます。 本来は、消費税を課すべき対象となる取引について、あえて課税をしないとしているものです。非課税取引は法律で限定されています。非課税取引の対象

消費税の課税される取引と非課税取引の続きを読む>

消費税の納税義務者(課税事業者)

個人や会社で事業をしている人は、国内で課税資産の譲渡、資産の貸付、役務の提供などについて、消費税の納税義務が生じます。 ただし、個人は前々年、法人は前々事業年度において、課税売上高が1000万円を超える場合に消費税の納税義務が生じます。原則として1000万円に満たない場合は、消費税の納税義務はありま

消費税の納税義務者(課税事業者)の続きを読む>

消費税の免税事業者

消費税では、基準期間における課税売上高が1千万円以下の事業者は、その事業年度の課税資産の譲渡等について納税の義務が免除されます。 この納税の義務が免除される事業者となるか否かを判定する基準期間における課税売上高とは、法人の場合は前々事業年度の課税売上高のことをいいます。 免税事業者による消費税の還付

消費税の免税事業者の続きを読む>

消費税の算出の仕方

課税売上高が1000万円以上5000万円以下の課税業者については、「原則課税」か「簡易課税」のどちらかになります。5000万円以上の課税業者は原則課税になります。 消費税の算出方法には、原則課税と簡易課税の二つの方法があります。 原則課税は、売上高に対する消費税額から、仕入れに対する消費税額を差

消費税の算出の仕方の続きを読む>