トップ > 確定申告

確定申告

<スポンサードリンク>

確定申告一覧

はじめての確定申告

前年の1年間(1月1日から12月31日までの間)に、所得のあった人が所得税額を申告納税すること、または納め過ぎた所得税を還付申告することを確定申告と言います。毎年、原則として翌年の2月中旬から3月中旬に行います。確定申告ってなんだか難しそうという先入観もあるでしょうが、まずは確定申告について、正確に

はじめての確定申告の続きを読む>

確定申告の注意点

確定申告をする際の注意する点として考えられることをいくつかあげておきましょう。 確定申告をする必要のある人は、毎年のことなので、簡易保険や生命保険に加入している人は、満期受取金の申告漏れなどに注意しましょう。 また、所得税の申告には、事業所得や不動産所得の専従者給与が従事している仕事の内容に対して

確定申告の注意点の続きを読む>

確定申告の多い質問①

確定申告と一言で言っても、その人の職種などによって、確定申告のしかたが違う場合があります。一般的に、確定申告をしなければならない人は個人事業主がほとんどですが、確定申告をする際に、自分でどう判断したらよいか迷うものの一つに、必要経費があります。 個人事業主が、開業日以前に支出した事業用にかかった事務

確定申告の多い質問①の続きを読む>

確定申告の多い質問②

必要経費は、どこまで計上出来るでしょうか。 領収書がないとき、あるいは、領収書を発行できない場合については、仕事に必要な費用であれば必要経費として認められます。領収書をもらい忘れたり、領収書が発行されないものに関しては、「出金伝票」などに、支払先、金額、内容を記載して、その代わりとすることが出来ます

確定申告の多い質問②の続きを読む>

確定申告が必要な人

確定申告をする必要があるのは、どのような人でしょうか。 前年の1月1日から12月31日までの給与が2,000万円を超える人は、確定申告をする必要があります。 2ヶ所以上の事業所から給与を受けている人で、給与の収入金額と給与、退職所得以外の所得合計が20万円を超える人は、確定申告をする必要があります。

確定申告が必要な人の続きを読む>

サラリーマンの確定申告

一般的に、サラリーマンは確定申告をしなくてもいいと思いがちですが、次の条件に街頭する人は、サラリーマンであっても、確定申告をする必要があります。 前年1月1日から12月31日までの年収が2000万円を超える人、給与所得及び退職金などの所得以外にも20万円以上の所得(必要経費を引いた金額)のある人、給

サラリーマンの確定申告の続きを読む>