0からわかる初心者のための税金と確定申告について

初心者や主婦の方で副業や内職・パートなどで稼いでいる方が多いと思います。そこで気になる税金と確定申告の基礎知識を0からわかりやすく解説します♪

<スポンサードリンク>

0からわかる初心者のための税金と確定申告の記事一覧

はじめての確定申告

前年の1年間(1月1日から12月31日までの間)に、所得のあった人が所得税額を申告納税すること、または納め過ぎた所得税を還付申告することを確定申告と言います。毎年、原則として翌年の2月中旬から3月中旬...

はじめての確定申告の続きを読む】

確定申告の注意点

確定申告をする際の注意する点として考えられることをいくつかあげておきましょう。 確定申告をする必要のある人は、毎年のことなので、簡易保険や生命保険に加入している人は、満期受取金の申告漏れなどに注意しま...

確定申告の注意点の続きを読む】

確定申告の多い質問①

確定申告と一言で言っても、その人の職種などによって、確定申告のしかたが違う場合があります。一般的に、確定申告をしなければならない人は個人事業主がほとんどですが、確定申告をする際に、自分でどう判断したら...

確定申告の多い質問①の続きを読む】

確定申告の多い質問②

必要経費は、どこまで計上出来るでしょうか。 領収書がないとき、あるいは、領収書を発行できない場合については、仕事に必要な費用であれば必要経費として認められます。領収書をもらい忘れたり、領収書が発行され...

確定申告の多い質問②の続きを読む】

確定申告が必要な人

確定申告をする必要があるのは、どのような人でしょうか。 前年の1月1日から12月31日までの給与が2,000万円を超える人は、確定申告をする必要があります。 2ヶ所以上の事業所から給与を受けている人で...

確定申告が必要な人の続きを読む】

サラリーマンの確定申告

一般的に、サラリーマンは確定申告をしなくてもいいと思いがちですが、次の条件に街頭する人は、サラリーマンであっても、確定申告をする必要があります。 前年1月1日から12月31日までの年収が2000万円を...

サラリーマンの確定申告の続きを読む】

所得金額の計算

「課税所得」とは、課税対象となる所得のことです。 所得は、一般的に、年間すべての収入から必要経費を差し引いたものです。課税所得金額は、所得から基礎控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、社会保険料...

所得金額の計算の続きを読む】

課税所得金額の計算

サラリーマンの場合、給与から源泉徴収する所得税の額は、扶養親族等の数と、課税給与額から社会保険料や労働保険料を控除した社会保険料控除後の給与等の金額に応じて、源泉徴収税額表を使用して求めます。すなわち...

課税所得金額の計算の続きを読む】

所得税額の計算

申告納税額とは、納税者が自分の所得金額や税額を計算して、申告することによって納める税額のことです。国税では、法人税、所得税、相続税、贈与税、消費税など、地方税では、法人住民税、法人事業税に申告納税方式...

所得税額の計算の続きを読む】

申告納税額の計算

確定申告をするのに、よく「青色申告」という言葉を聞きます。わかりやすく説明すると、 収入、または売上から仕入・経費を引いて所得を出すという方法が白色申告で、青色申告とは、収入または売上から仕入と経費を...

申告納税額の計算の続きを読む】